家づくりの工法

災害に強い住宅

在来軸組工法の
約2倍以上の強度

プレウォールの住まいは、柱、梁、壁、床すべてで建物を支える構造。柱、梁、筋かいで支える在来軸組み工法、枠材と面材で支えるツーバイフォー工法に比べて優れた耐震性を実現します。

2×4工法に比べ間取りを自由に在来軸工法にくらべ約2倍の耐震性

強い床面も
強さのポイント

太い梁と柱、骨組み、壁だけが強くても床面などが弱ければ建物は外力によるねじれに弱くなります。プレウォールでは床面に厚さ24mm以上の構造用合板を使用しています。この強い床(剛床構造)によってモノコック構造がさらに強固なものとなり、大地震による水平・垂直にかかる力を瞬時に分散することができるのです。

強い床面も強さのポイント

余震
繰り返す揺れにも効果

東日本大震災で発生した余震(発生後1週間)
●震度5以上・・・16回
●震度3以上・・・336回
プレウォールで䛿本震だけでなく、繰り返す余震にも備えるため、「真壁構造」を採用しています。

余震を想定した強度実験

公的機関が認めた品質「プレウォール工法」

福井の銀行、住宅ローン返済シュミレーション NEW HOUSE
三谷不動産の宅地分譲
三谷不動産の分譲住宅